顎のたるみを病院で治そう|クリニック選びのコツを伝授

医者

若くなるための決断

カウンセリング

切るか切らないか

ポッコリ出たお腹、たるんだ二の腕、顔のシミなど歳を重ねるごとに体の中で嫌な部分が目立ってきます。毎日鏡を眺めながらまず感じるのは顎の肉がたるんでしまったことかもしれません。このたるみを取りたい、昔のようなシャープな顎を取り戻したい、そう感じた時はどうすればいいのでしょうか。美容整形外科に相談してみることができます。敷居が高いと感じるかもしれませんが、治療法がたくさんあることに気づいて安心できるかもしれません。相談しながらまず考えるのは、顎をシャープにするために切るのか切らないのかという点です。少しの効果でいいのであれば切る必要はありません。切ることにした場合、もちろん効果は絶大ですが、リスクも増えます。皮膚の回復期間も長くなるでしょう。リスクと効果を天秤にかけて、しっかり決定する必要があります。例えば、切らない方法にはレーザーを用いるものがあります。外からレーザーをあてて体内で熱エネルギーに変換し、脂肪を壊したるみを取るのです。この方法は毎月一回で何か月かかりますが施術後すぐに外に出て活動できます。まれにやけどしてしまうというリスクもあるようですが、本当にまれです。ほかにも脂肪溶解注射というものもあります。少し内出血する恐れもありますが、すぐに活動することができお手軽です。自分に合った方法を選ぶことができます。切るという選択をする場合でも方法は様々です。例えば少し穴をあけてそこから体内に向けてレーザーを当てるという施術方法があります。体力回復も早いですし、内出血も目立ちません。また、よく聞く脂肪吸引というものもあります。これは一度の施術で終わり、最も効果的な方法と言われています。回復期間は少し時間がかかりますから、すぐに行動する必要がないときに行うとよいでしょう。ほかにも耳の後ろから糸を通してフェイスラインを引き上げ、顎のたるみを取る方法もあります。実年齢より若く見えるというのは多くの人たちの願いです。自分のたるみの状況と生活スタイルとをよく考えてどの方法にするかを決めることができるでしょう。